今もっともアツい分野であるアプリ開発についてのまとめ

開発ツールについて

あまり色のないVBだった

マイクロソフトが作ったアプリ開発ツールVBですが、今まではWindowsxpのような灰色のウインドを使用したものでした。 VBはこれ単体以外にもマイクロソフトオフィスのエクセルやアクセスにVBAと呼ばれるものがあり、それぞれマクロを利用してエクセルやアクセスの機能をあげようというのが本来の狙いです。 VBはそのVBAが作られる間にあり、Windowsアプリ開発を行うのであれば必ずと言っていいほど使用するプログラム言語です。またオブジェクトを配置することができるのでいちいち宣言をすることなく使用できるのが利点です。 欠点としてはWindowsでしか動かせなというのがありますが、シェアを考えてみるとそこまで不便なことはありません。

オープンソースになり開発のしやすいものに

VBはオブジェクトを置くことができるので宣言をして頭のなかで長さや高さを計算することなく、視覚的に使用することができます。つまり積み木のように作れるというのが強みです。 今後マイクロソフト自体がオープンソースになることでVBの知名度も更に上がり、開発のしやすい環境、言語へとなるのではないでしょうか。パソコンやWindowsPhoneでしかアプリを利用することができませんが、それさえ用意してしまえばアプリ開発もしやすい言語になり、アプリ開発業務も進んでいくようになります。 プログラムの内容こそ、人の手により複雑なものへとなりますが、実際の開発は簡単なものへとなり、それなりに勉強をすれば簡単に利用することができます。